このページの本文へ移動

働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について

  • 印刷する

働き方改革関連法が、2019年4月1日より順次施行され、今後、大企業に時間外労働の

上限規制が適用されることに伴い、中小企業等に無理な発注を行うことが懸念されます。

事業主の皆様へ

事業主の皆様は、他の事業主との取引を行うに当たって、次のような取り組みが行われるよう、

企業内に周知・徹底を図りましょう。

(1)週末発注・週初納入、就業後発注・翌朝納入等の短納期発注を抑制し、
   納期の適正化を図ること。

(2)発注内容の頻繁な変更を抑制すること。

(3)発注の平準化、発注内容の明確化その他の発注方法の改善を図ること。

〇政府広報オンライン
  「『働き方改革』発注者の方は要注意!下請け会社へのしわ寄せについて」
     https://www.gov-online.go.jp/cam/hatarakikata/hacchusya/
  


ダウンロード
働き方改革に関する下請等中小企業の生の声(437KB)(PDF文書)
働き方改革を阻害する取引環境の改善事例(364KB)(PDF文書)
事業主の皆様へ(124KB)(PDF文書)
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 商工観光課 商工労働係
TEL:08512-2-8575
FAX:08512-2-4997
MAIL:kankou@town.okinoshima.shimane.jp