このページの本文へ移動

自立支援医療

  • 印刷する

 自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

自立支援医療(更生医療)

  更生医療は、18歳以上で、身体障害者手帳の交付を受けており、手帳交付の原因となっている障がいを除去・軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できるものに対して提供される、更生のために必要な自立支援医療費の支給を行うものです。

 原則として、医療費の1割が自己負担になります。但し、世帯の収入状況に応じて月額負担上限額が設定されます。

 自立支援医療(更生医療)について詳しくは、島根県「自立支援医療(更生医療)制度について」をご覧ください。

  〈申請に必要な様式等〉

   1.申請書(個人番号の記入が必要)(19KB)(エクセル文書)同意書(30KB)(Word文書)

   2.自立支援医療(更生医療)意見書(114KB)(PDF文書)

   3.健康保険被保険者証

   4.身体障害者手帳

   5.特定疾病療養受療証(人工透析療法の場合)

   6.世帯の所得状況が確認できる資料(障がい年金、遺族年金の年金証書、年金振込通知書等)

   7.印鑑(本人以外が申請する場合)

 

自立支援医療(育成医療)

 18歳未満の子どもで生まれつき身体に障がいがある、又は生まれつきの障がいや病気を放置す ると、将来において身体に障がいを残すと認められる場合で、手術などを行うことにより、治癒又は障がいが軽減されると医師が判定したときにその医療費 が給付されます。


 原則として医療費 の 1 割が自己負担です。但し、世帯の収入状況に応じて月額負担上限額が設定されます。

 自立支援医療(育成医療)について詳しくは、島根県「育成医療制度について」をご覧ください。

   〈申請に必要な様式等〉

       1.申請書(個人番号の記入が必要)(55KB)(エクセル文書)同意書(30KB)(Word文書)

   2.自立支援医療(育成医療)意見書(42KB)(エクセル文書)

   3.健康保険被保険者証

   4.身体障害者手帳(お持ちの方)

   5.世帯の所得状況が確認できる資料(障がい年金、遺族年金の年金証書、年金振込通知書等)

   6.印鑑

 

自立支援医療(精神通院)

 統合失調症、精神作用物質による急性中毒、その他の精神疾患(てんかんを含む。)を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対し、その通院医療に係る自立支援医療費の支給を行うものです。


 原則として医療費の1 割が自己負担です。但し、世帯の収入状況に応じて月額負担上限額が設定されます。 また、医療費負担額の半分を助成する町単独の制度があります。

 自立支援医療(精神通院)について詳しくは、島根県「自立支援医療(精神通院医療)について」をご覧ください。

 

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 保健福祉課 地域福祉係
TEL:08512-2-8561
FAX:08512-2-6630
MAIL:hokenfukushi@town.okinoshima.shimane.jp