このページの本文へ移動

隠岐の島町福祉施設職員就労支援助成金について

  • 印刷する

 常勤の福祉資格職として新たに町内の民間福祉施設に就職する新規卒業者、U・Iターン者に対して就労支援助成金を支給します。

1.助成対象者

 助成対象者は、就労日時点で隠岐の島町に住所を有し、町内の民間の介護サービス事業所、障がい福祉サービス事業所及び認可保育所(以下「民間福祉施設」という。)で常勤の福祉資格職として継続して勤務する見込みの方で、次の条件のいずれかに該当する方となります。

 (1) 前年度中に新たに大学、短期大学、専修学校等の養成機関を卒業し、4月1日以降に町内の民間福祉施設に就労する方

(2) 4月1日以降に町内の民間福祉施設に就労する50歳未満の方で、町外から転入後、6ヶ月以内の方(再転入については、本町を転出後、6ヶ月以上経過した後の転入に限ります。)

※ その他、助成対象者が隠岐の島町定住奨学資金の貸与を受けていないこと、世帯で町税等に滞納がないことなどが条件となります。

2.対象となる資格(福祉資格職)

 介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・保育士・看護師・准看護師

3.申請期間

 平成31年4月1日 ~ 平成32年3月31日まで

4.助成金の額等

  助成対象者一人当たりの助成金の額は、当該事業所に就労開始から継続して勤務した場合に36月(3年)を上限として、年度ごとに対象月に20,000円を乗じた金額を助成します。

5.申請手続き

(1) 事前手続き

  申請を希望される方は、当該事業所に就労開始後30日以内に、事業所の発行する「福祉施設職員就労支援助成金就労証明書(様式第1号の1)」に助成の対象となる資格を有していることを確認できる書類を添えて福祉課まで提出してください。

(2) 交付申請手続き

 毎年度3月16日から3月31日までの間に、下記の書類を隠岐の島町役場福祉課まで提出してください。なお、退職等により年度の途中で申請される場合には、翌月の10日までに提出をお願いします。

  〇福祉施設職員就労支援助成金交付申請書(様式第2号)

 〇福祉施設職員就労支援助成金就労継続証明書(様式第1号の2)

 〇誓約書(様式第3号)

 〇その他町長が必要と認める書類

6.助成金決定後の手続き

 助成金の請求は、交付決定後、「福祉施設職員就労支援助成金請求書(様式第5号)」により請求してください。

7.交付決定の取消及び返還

  次の事由に該当した場合には、助成金の交付決定を取り消し、助成金の全額返還を求める場合があります。

(1) 偽りその他不正な手段により助成金の交付を受けたとき。

(2) 申請書その他の提出書類の内容に偽りがあったとき。

(3) その他町長が補助金の交付が不適当であると認めたとき。

 8.その他

  助成金を受給した場合、雑所得として確定申告が必要となりますのでご注意ください。


ダウンロード
福祉施設職員就労支援助成金就労証明書(様式第1号の1)(57KB)(PDF文書)
福祉施設職員就労支援助成金交付申請書(様式第2号)(59KB)(PDF文書)
福祉施設職員就労支援助成金就労継続証明書(様式第1号の2)(59KB)(PDF文書)
誓約書(様式第3号)(59KB)(PDF文書)
福祉施設職員就労支援助成金請求書(様式第5号)(60KB)(PDF文書)
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場福祉課 高齢者福祉係・地域福祉係・児童福祉係
TEL:08512-2-4500・2-8561・2-8577
FAX:08512-2-6630
MAIL:fukushi@town.okinoshima.shimane.jp