このページの本文へ移動

森林の土地を取得したときは届出が必要です

  • 印刷する

 森林法第10条の7の2の規定に基づく「森林の土地の所有者となった旨の届出」については、平成24年4月1日に制度が施行されました。

届出対象者

個人、法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に関わらず町長へ届出をしなければなりません。

ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外です。

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内に、取得した土地のある市町村の長に届出をしてください。

届出事項

届出書には、届出者と前所有者の住所氏名、所有者となった年月日、所有権移転の原因、土地の所在場所及び面積とともに、土地の用途等を記載します。添付書類として、登記事項証明書(写しも可)又は土地売買契約書など権利を取得したことが分かる書類の写し、土地の位置を示す図面が必要です。

 

 森林の相続等により森林所有者が不明となる事例も生じている中、本制度に基づく届出が適切に行われ、施業の集約化等を通じた森林の適切な管理が推進されるよう、引き続き森林所有者のみなさまの、ご理解、ご協力をお願いいたします。

 なお、詳しくは下記、林野庁ホームページをご覧下さい。

 

【林野庁ホームページ】

http://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/todokede/

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 農林水産課 農林振興係
TEL:08512-2-8563
FAX:08512-2-2460
MAIL:nourin@town.okinoshima.shimane.jp