このページの本文へ移動

ウクライナ避難者支援募金について(報告)

  • 印刷する

~隠岐の島町×ポーランド共和国クロトシン市国際友好都市連携支援活動~                                               ウクライナ避難者支援募金について(活用報告)                        

   我が町と友好都市提携を結んでいる、ポーランド共和国クロトシン市におきまして、ウクライナ避難者を受け入れ、人道支援が行われております。

 隠岐の島町としましても、友好都市を支援する活動として募金の受付を開始し、集まった募金については、4月8日と4月15日の2回に分けて、全額送付いたしました。

募金額  4,257,012円

町民の皆様、募金にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 さて、ポーランド共和国クロトシン市より、募金活用報告がありましたので、ご報告させていただきます。

(1)食材・衛生用品のご提供

金額:39.711,82PLN→約1,220,000円

内容:クロトシン市内の社会福祉センター窓口にて、ウクライナ避難者が食材や衛生用品などの生活品を受け取れるようにしました。

(2)子供の日イベントでお菓子福袋のプレゼント

金額:3.921,77PLN→約120,000円

内容:クロトシン市社会福祉センターがポーランド及びウクライナの子供たちを対象としたイベントを開催し、その際に参加プレゼントとしてお菓子の福袋をウクライナの子供たちに提供しました。

(3)空き市営住宅の水道修理

金額:1.755PLN→約54,000円

内容:ウクライナ侵攻後、母親と子供2人で避難された方に空き市営住宅を無料で提供しました。そこで、水道修理が必要となり、募金から支出されました。

(4)市営交通機関無料化

金額:7.227,20 PLN→約220,000円

内容:ウクライナ避難者限定、クロトシン市内の移動にかかる交通費を負担しました。これによって、買い物やそのほかの日常の用事、就職活動等がより安易になりました。

(5)空き市営住宅工事

金額:8.093,52 PLN→約250,000円

内容:市営住宅の風除室の断熱及び玄関ドアの修理を実施しました。よって、厳しい寒さが予想される冬でも安心して暮らせるようになりました。

(6)夏休みこども教室の実施

金額:17.410,00 PLN→約530,000円

内容:ウクライナからきた子供たちがポーランドの子供たちと溶け込めるよう計画し、1週間のこども教室を2回実施しました。料理教室や体操教室、石鹸づくり、博物館や消防署の訪問を行いました。それぞれ30人を超える参加者が集まり、その半分がウクライナの子供たちでした。この教室では、ポーランド語・ウクライナ語の通訳者が同行しました。

 

 第1回報告は以上でございます。

更新情報を随時ご報告いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 商工観光課 観光交流係
TEL:08512-2-8575
FAX:08512-2-3302
MAIL:kankou@town.okinoshima.shimane.jp