このページの本文へ移動

マスクの着用について

  • 印刷する


令和4年5月20日に、厚生労働省からマスクの着用の考え方が示されました。

基本的な感染防止対策として、マスクの着用は従来どおり重要になります。

ただ、どういった場面で外してよいのかというご意見もあります。また、これから気温・湿度が高く

なる季節になるため、マスクの着用による熱中症のリスクにも気を付けなければなりません。

このため、以下の事例を参考に、場面に応じてマスクの着脱を使い分けてください。



1.屋外でのマスク着用                                                                                                      
 
 ・ランニングなど離れて行う運動や、散歩など、屋外で2メートル以上を目安として他者との

  距離が確保できる場合はマスクを着用する必要はありません。

 ・徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合は、

  マスクを着用する必要はありません。

  屋外であっても、近い距離で会話をするような場面では引き続き、マスクの着用を推奨しま

  す。

 ・夏場においては、熱中症になるリスクが高くなるので、上記のマスクを着用する必要がない

  場面では、マスクを外していただくことを推奨します。


2.屋内でのマスク着用                                  

 ・他者との距離が確保できており、会話がほとんどない場合は、マスク着用は必要ありません。

  他方、会話を行う場合は、着用を推奨します。

 ・距離が確保できない場合で、会話を行うときはマスクの着用を推奨します。

  加えて、人混みの中など距離が確保できない場合で、会話をほとんど行わないときについて

  も、着用を推奨します。


3.マスクを着用しましょう                                 

 ・公共交通機関を利用する場合(混雑している場合)

 ・高齢の方と会う場合

 ・病院に行く場合

 

※リーフレットについて(厚生労働省)


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 危機管理室 消防防災係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005
MAIL:bousai@town.okinoshima.shimane.jp