このページの本文へ移動

コロナウィルス感染拡大に伴う「入院等療養体制」が変更となりました。(令和4年1月13日)

  • 印刷する

入院等療養体制の変更

 

下記のとおり、島根県において入院等療養体制が変更となりました。(令和4年1月13日)

隠岐においても体制が整い次第、順次移行しますのでご承知ください。

 

(入院等療養体制の変更)

県内では、感染が急拡大している状況であり、現在の県内の医療提供体制を踏まえ、県の病床確保計画における段階を、最も厳しい第5段階に引き上げることとします。

 

これに伴い、症状のない方や軽症の方も含め、感染患者全員を入院させるというこれまでの方針を変更しまして、入院は中等症以上の方や、軽症者で重症化リスクのある方を優先して入院してもらうこととします。

 

今般の感染者の急増に迅速に対応するため、保健所と、DMAT等医師が参画する島根県広域入院調整本部により、患者の症状や家庭の環境などを判断し、入院・宿泊・自宅療養のいずれかにより対応する体制に移行します。

問合せ先

隠岐保健所内

「健康相談コールセンター」(08512-2-9900)


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 危機管理室 消防防災係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005
MAIL:bousai@town.okinoshima.shimane.jp