このページの本文へ移動

一般不妊治療費・特定不妊治療費の助成について

  • 印刷する

 隠岐の島町では、一般不妊治療費の助成に加え、令和元年度より県の特定不妊治療費助成対象のご夫婦を対象に特定不妊治療費助成しています。令和2年4月より県の特定不妊治療費助成が拡充されましたので、助成を拡充します。 

 【一般不妊治療費助成】 

 〇一般不妊治療等を受けているご夫婦に対して、経済的負担の軽減を図り、治療しやすい環境をつくることを目的として、不妊治療等に要する費用の一部を助成します。

【対象者】
 ○戸籍上の婚姻関係にあり、夫婦またはそのどちらかが隠岐の島町に住所を有する人
 ○医療保険各法の規定に基づく被保険者、組合員、または被扶養者である人

【対象治療】
 保険適用の不妊治療及び検査・人工授精

【助成内容】
 1年につき9万円を上限とし、助成期間は生涯を通して3年間
 (1年は4月より翌年3月末とします)

  詳しくは、こちらをクリックして下さい。 →→→ 「一般不妊治療費助成制度について」 

【様式】
 ○「隠岐の島町一般不妊治療助成金交付申請書」(88KB)(PDF文書)
 
○「医療機関証明書」(33KB)(PDF文書)
 
○「隠岐の島町一般不妊治療助成金請求書」(49KB)(PDF文書)

 

【特定不妊治療費助成】

〇県の特定不妊治療費助成事業により県より助成の決定を受けたご夫婦に対し、町の追加助成をします。

【対象者】
 ○戸籍上の婚姻関係にあり、夫婦またはそのどちらかが隠岐の島町に住所を有する人
 ○島根県特定不妊治療費助成事業により県より助成の決定を受けた方

【助成内容】
 1夫婦が特定不妊治療に要した費用に対して、該当夫婦が島根県及び他の地方公共団体の制度による助成金等を控除し、1回の治療につき15万円を限度として助成します。 

  助成回数:初回の申請に係る治療開始時の妻の年齢

        (1)40歳未満の場合 通算6回まで    (2)40歳~43歳未満  通算3回まで      

  *拡充内容(令和2年4月~)

  特定不妊治療を受けている方が、第1子出生後の不妊治療に係る助成回数の拡充

   助成回数:第1子出産後、初回の申請に係る治療開始時の妻の年が

      (1)40歳未満の場合 通算6回まで   (2)40歳~43歳未満  通算3回まで

【様式】
 ○「隠岐の島町特定不妊治療助成金交付申請書」(58KB)(PDF文書)
 ○「隠岐の島町特定不妊治療助成金請求書」(57KB)(PDF文書)


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 保健課 健康係
TEL:08512-2-8562
FAX:08512-2-6630
MAIL:hoken@town.okinoshima.shimane.jp