このページの本文へ移動

改元に伴う文書の元号表記について

  • 印刷する

 本年4月1日に「元号を改める政令」が公布され、施行日の本年5月1日から元号が「令和」に改められますが、隠岐の島町が発送したり受理したりする文書などについては、原則として次のように取り扱うこととします。

1.年の表示
 (1)発信日が4月30日までの文書においては、5月1日以降の日付を表示する場合でも、「平成」を使用します。

 (2)5月1日以降に作成する文書においては、「令和」を使用します。

2.年度の表示
 4月30日までは「平成31年度」と表示し、5月1日以降は当年度全体を通じて「令和元年度」と表示します。
 ただし、システムの都合上、5月1日以降も「平成31年度」と表記される場合がありますが、その場合は「令和元年度」に読み替えてください。

 なお、元号が改まった後においても「平成」と表記されている文書などについては、法律的に効果が変わることはありませんので、有効なものとして取り扱います。
 元号の修正のみを理由とした文書などの再発行や再発送は原則として行いませんので、文書などにおいて「平成」と表記される部分は、新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 総務課 広報広聴係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005
MAIL:jouhou@town.okinoshima.shimane.jp