このページの本文へ移動

領土・主権展示館の開館について

  •  
  • 印刷する

1月25日、内閣官房領土・主権対策企画調整室が設置した『領土・主権展示館』が、東京都千代田区日比谷公園にある市政会館の地下一階で開館しました。この展示館は、竹島問題及び尖閣諸島を巡る情勢について、国民世論の啓発、国際社会に向けた発信等の一環として企画されたものです。1月31日に行われた竹島領土権確立隠岐期成同盟会による政府要望活動に際し、展示館を視察してきました。

首都圏に初めて設置された竹島問題に関する常設展示施設ということで、多くの方が訪れ、領土問題に関する意識が高まることが期待されますが、期成同盟会としては本施設とは別に、国による竹島問題啓発施設をこの隠岐の島町に設置することを要望しており、引き続き粘り強く訴えていく所存です。

展示館の入っている市政会館(日比谷公園内) 展示内容の一部

【施設概要】

称:領土・主権展示館
所:市政会館地下1階(東京都千代田区日比谷公園1-3)
     都営地下鉄三田線「内幸町」下車(A-7)出口より徒歩2分
     東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」下車(A-14)出口より徒歩3分
     東京メトロ丸の内線「霞が関」下車(B-2)出口より徒歩4分
     東京メトロ千代田線「霞が関」下車(C-3)出口より徒歩3分
積:約100㎡
開館時間:午前10時から午後6時まで
日:土日祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
料:無料

東京へお出かけの際には是非一度お立ち寄りください。


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 竹島対策室 竹島対策係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005