このページの本文へ移動

高病原性鳥インフルエンザが疑われる死亡野鳥への対応について

  •  
  • 印刷する

死亡した野鳥を見つけても、直ちに高病原性鳥インフルエンザを疑う必要はありません。

野鳥は、気候の変化や障害物への衝突等でも死亡することがあります。

死亡した野鳥を見つけたときは、素手で触らないようにしましょう。

同じ場所でたくさんの野鳥が死亡していたり、死亡野鳥が高病原性鳥インフルエンザに対し感染リスクが高い野鳥(カモ、ワシ、タカ、サギなど)の場合は、隠岐支庁農林局(林業部 林業振興・普及第二課)又は隠岐の島町役場農林水産課にご連絡ください。

【連絡先】

隠岐支庁農林局林業振興普及第二課 08512-2-9647  夜間は警備員室 2-9695

隠岐の島町役場農林水産課 08512-2-8563

【島根県リンク】




このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 農林水産課 農林振興係
TEL:08512-2-8563
FAX:08512-2-2460
MAIL:nourin@town.okinoshima.shimane.jp