このページの本文へ移動

小規模企業経営者のための退職金制度について

  •  
  • 印刷する

小規模企業共済制度について

 「小規模企業共済制度」は、法律(小規模企業共済法)に基づく小規模企業の経営者、役員の方向けの退職金制度で、

国が全額出資する独立行政法人 中小機構が運営しています。

 加入し、掛金を毎月積み立てておけば、将来、「廃業」や「役員退任」が生じたときに共済金を受け取れます。

 現役引退後の安心した生活設計のため、ぜひご検討ください。

お得なポイント

掛金は全額所得控除

 掛け金は月額1,000円から7万円の範囲で自由に設定(500円単位)でき、いつでも増額・減額ができます。

受取時にも税制メリット

 共済金は、廃業や退職時のほか、満65歳以上で15年以上掛金を納付した方も受け取ることができます。

 受取は、「一括受取」(退職所得扱い)又は「分割受取」(公的年金等の雑所得扱い)となります。

資金に困ったら

 事業資金に困った場合、掛金納付月数により、掛金の7割~9割の範囲内で貸付制度が利用できます。

 

加入できる方

  個人事業主共同経営者、及び会社等役員の方で、常時使用する従業員が以下に該当する場合加入できます。

    (1)小売・卸売・サービス業等(宿泊業・娯楽業は除く)…従業員5人以下の企業

    (2)農林漁業・製造業・建設業・運送業・宿泊業・娯楽業等…従業員20人以下の企業

 

お問合せ先

 隠岐の島町商工会
 TEL 08512-2-1157

  または

 独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構) 中国本部
 TEL 050-5541-7171
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/index.html


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 定住対策課 商工労働係
TEL:08512-2-8570
FAX:08512-2-6005
MAIL:teijuu@town.okinoshima.shimane.jp