このページの本文へ移動

隠岐の島町新庁舎建設基本設計業務に係る公募型プロポーザルの選定結果について

  •  
  • 印刷する

 町では、人にやさしく、新たなまちづくりの拠点となる庁舎を目指し、技術力や実績、実施体制などを評価する公募型プロポーザル方式により、新庁舎の基本設計、実施設計を行う設計者の選定作業を進めてきました。
 平成29年2月27日(月)に開催した隠岐の島町新庁舎建設設計業務プロポーザル審査委員会の第2次審査の結果に基づき、次のとおり、最優秀提案者、優秀提案者を選定しました。

※平成29年3月27日に審査講評を更新しました。

プロポーザル方式とは

 契約の相手方の選定にあたり、価格のみによる競争ではなく、町が提示する業務の方向性、イメージ等に基づき、その実施方法や運営方法等の提案を求め、最も内容の優れた提案をしたものを選ぶことにより、品質に優れた調達を行う方式をいいます。
 プロポーザル方式は、最も優れた設計案を選ぶ設計協議(コンペ方式)とは異なり、最も適した「設計者(人)」を選定するものです。新庁舎の具体的なデザインや設計案については、選定された設計者と協議をしながら決定していきますので、提案がすべて設計に反映されるわけではありません。

審査結果

 最優秀提案者

総括責任者 会社名   提案書
 難波 壮一 梓設計・ナック建築事務所設計共同企業体 提案書(2MB)(PDF文書)

 優秀提案者

 総括責任者 会社名 
 中村 文紀 東畑・坂本設計共同体

 

 ※1:提案書は、提案者の技術保護や著作権保護のため、印刷できない設定となっておりますので、ご了承ください。
 ※2:敬称略

審査報告書

 隠岐の島町新庁舎建設設計業務プロポーザル審査委員会より提出された、本プロポーザルの審査経過をまとめた審査報告書を公表します。
 

 審査報告書(525KB)(PDF文書)

 平成29年3月27日更新分
 審査講評(192KB)(PDF文書)


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 大規模事業課 事業推進係
TEL:08512-2-8580
MAIL:daikibo@town.okinoshima.shimane.jp