このページの本文へ移動

家電リサイクル法の対象となる家電の処分方法について

  •  
  • 印刷する

家電は「正しく」リサイクル

  一般家庭から排出される使用済みの廃家電製品は、その多くが破砕処理の後に鉄などの一部の金属のみ回収が行われている場合があるものの、約半分はそのまま埋め立てていました。
 廃家電製品には、鉄、アルミ、ガラスなどの有用な資源が多く含まれ、また、我が国の廃棄物最終処分場の残余容量がひっ迫しており、廃棄物の減量化は喫緊の課題となり、廃棄物の減量とリサイクルが必要となってきました。
 このような状況を踏まえ、廃棄物の減量と再生資源の十分な利用等を通じて廃棄物の適正な処理と資源の有効な利用を図り、循環型社会を実現していくため、使用済み廃家電製品の製造業者等及び小売業者に新たに義務を課すことを基本とする新しい再商品化の仕組みを定めた家電リサイクル法が平成10年6月に制定され、平成13年4月から施行されました。

対象家電と排出方法

家電リサイクルポスター

家庭用機器の排出方法

1.リサイクルセンターへ搬出する場合

(1)郵便局もしくはゆうちょ銀行で「家電リサイクル券」を購入してください。

(2)リサイクルセンターで島外への搬出・運搬料金をお支払いください。

(3)「家電リサイクル券」は貼らずにそのまま家電と一緒にリサイクルセンターへ出してください。

お支払い料金の目安(搬出・運搬料金は小売店ごとに異なります)

品目 メーカーのリサイクル料金
※メーカーごとに異なります

島外への搬出・運搬料金
※リサイクルセンターへ自己搬入した場合


テレビ
(ブラウン管・液晶・プラズマ)
1,836円~3,688円 3,000円

洗濯機・衣類乾燥機
2,484円~3,310円 3,000円

エアコン
972円~9,720円 4,000円

冷蔵庫・冷凍庫
3,672円~6,037円 4,000円

※対象家電を分解しても、「不燃ごみ」や「粗大ごみ」として受け取ることはできません。
分解は大変危険ですので、絶対におやめください。(対象家電の分解は違法行為となります。)

※町の収集には出せません。
購入した小売店または、買い替える小売店に相談するか、「家電リサイクル券」を購入の上、島後リサイクルセンターにお持ち込みください。 

※購入した「家電リサイクル券」は貼らずに家電と一緒にお出しください。

業務用機器は家電リサイクル法の対象外です

事業所から業務用機器を廃棄する場合、小売店に下取りに出すか、産業廃棄物収集運搬業者に委託する等してメーカーに引き渡してください。
家庭から業務用機器を廃棄する場合、※第一種フロン類充填回収業者によるフロンガスの回収後にリサイクルセンターへ搬入してください。
料金については業者ごとに異なります。

※町内の第一種フロン類充填回収業者の一覧
 

※悪質な不用品回収業者にご注意ください!

 近年、悪質な不用品回収業者によるトラブルが隠岐の島町でも発生しています。
家庭のごみの収集・運搬は町が許可した業者でなければ行うことが出来ません。
現在、隠岐の島町では、収集カレンダーに基づく収集・運搬以外に家庭の一般廃棄物の収集・運搬は許可しておりません。
また、売買に関するトラブルも発生していますのでご注意ください。

詳細および問い合わせ先

※家電リサイクルの詳細については、下記のホームページをご覧ください。
〔経済産業省ホームページ〕   http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/index.html
〔家電リサイクル券センター〕 http://www.rkc.aeha.or.jp/index.html

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 環境課
MAIL:kankyou@town.okinoshima.shimane.jp