このページの本文へ移動

水道料金を改定します。

  •  
  • 印刷する

 隠岐の島町は、水道事業の健全な経営と適正な維持管理を行うために、料金を改定します。
 住民負担を考慮し緩和措置により2年間をかけて水道料金を引き上げます。新料金は、平成29年4月1日 6月請求分(4月使用分)より適用になります。
※このたびの料金改定は、水道料金のみの改定です。下水道使用料金の改定はありません。

※料金改定につきましては、今後、広報「隠岐の島」等でも周知を行う予定です。

水道事業を取り巻く状況

 隠岐の島町の水道事業は、平成16年の市町村合併以降、上水道事業(1)、簡易水道事業(16)、飲料水供給事業・簡易給水事業(4)計21事業を運営し、安全・安心な水を皆さんに提供するように努めてきました。 

 また、現行の料金は、旧西郷町が平成16年に改正し、平成18年に旧西郷町料金に統一をしたのち、以後は経費削減等に努め消費税改定以外の料金改定をしておりません。この結果現行の料金は、県内で基本料(8㎥/月使用まで)部分では下から3番目という料金となっております。 
 

【隠岐島内他町村との料金比較(単位:円:税込)】

 
      ※平成28年4月1日現在
      ※口径13mm、1ヶ月8㎥及び20㎥使用の家庭用料金(消費税込)  

 しかしながら、水道事業を取り巻く環境は大きく変化し、特に収入面では、人口減少や節水機器の普及による料金収入の減少、支出面では町内の主要水道施設の老朽化による更新費用等の増加などの要因もありますが、特に、簡水統合を促進する国の制度改革により「簡易水道事業統合計画」を策定し、平成28年度末の統合期限に向けて準備を進めています。
 その統合後の事業運営費を試算するにあたり、統合することによる水道施設の増加に伴う、管理経費や更新経費の増額が料金収入に対して厳しい状況となります。統合前の簡易水道事業では、毎年町の一般会計(町をまかなう会計)より援助を行って運営をしていましたが、上水道事業(企業会計)では町から運営費の援助を受けることが出来なくなるため、大きな財源不足に陥ることが予想されます。

 【収支予測結果概要(現行料金)】

 将来にわたり安全・安心な水を皆さんにお届けするために、料金の改定が避けられない状況にあることを踏まえ、料金の引き上げを行います。 

「隠岐の島町公共料金等審議会」答申について

 このような状況から、平成28年7月に「隠岐の島町公共料金等審議会」(委員8名)を設置し3回にわたり審議した結果、「20%程度の引き上げとする、ただし基本料世帯への配慮として使用量に応じた超過料に比重を置いた改定とすること」という答申(結論)を受けました。

  答申書(126KB)(PDF文書)

水道料金の改定

 審議会答申をもとに、基本料17%、超過料21%、メータ使用料20%の引き上げとして料金改定案を作成し、12月議会で可決成立いたしました。
ここ改正では、住民生活への影響を考慮し、料金を2年かけて段階的に引き上げる緩和措置を設けることとしました。

<緩和措置>
1年目(平成29年度)の改定率  基本料8.5% 超過料10.5% メータ使用料10%
2年目(平成30年度)以降の改定率 基本料17% 超過料21% メータ使用料20%

新料金表(50KB)(PDF文書)

料金早見表(平成29年4月1日改定)(34KB)(PDF文書)

料金早見表(平成30年4月1日改定)(34KB)(PDF文書)

 引き続き安全・安心な水を皆さんにお届けするため、さらなる経営の効率化に努めていきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

※このたびの料金改定は、水道料金のみの改定です。下水道使用料金の改定はありません。

※料金改定につきましては、今後、広報「隠岐の島」等でも周知を行う予定です。

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 上下水道課 業務係
TEL:08512-2-0192
FAX:08512-2-4050
MAIL:suidou@town.okinoshima.shimane.jp