このページの本文へ移動

竹島資料収集施設の開設について

  •  
  • 印刷する

 隠岐の島町では、竹島に関する住民の証言や資料の収集を目的とした竹島資料収集施設を久見地区に建設し、6月1日より開館しました。

 竹島資料収集施設 施設内部(調査研修室)
 本施設は木造平屋建てで、床面積は約165㎡です。聞き取り調査や関連資料の研究、竹島に関する教育などに活用する予定で、内部は竹島に関する調査の成果等を展示するスペースも備えています。

 開館に先立ち、5月29日には、酒井庸行内閣府大臣政務官をはじめ、領土議連会長の新藤義孝衆議院議員、藤原孝行島根県副知事ほか多数のご来賓の方々をお招きし、開設披露式典を開催しました。
式典では、主催者の松田町長が「高齢化が進み、このままでは竹島問題の記憶が風化してしまう。証言を後世に引き継いでいくための施設としたい。」とあいさつをしました。

テープカットの様子 施設内部

 町では、この施設を活用し、関係者の高齢化が進む中、竹島に関する記録や記憶を、後世に引き継ぐ取り組みを、より一層進めていきます。

【施設案内】
・開館時間:午前9時から午後5時
・休館日:年末年始(12/29~1/3)
・入館料:無料
・所在地:隠岐の島町久見311-3
・アクセス:西郷港より車で40分
      バスの場合は、路線バス及び町営巡回バスの乗り継ぎが必要となります。
      ⇒アクセス参考資料(1MB)(PDF文書)


地図情報
このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 竹島対策室 竹島対策係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005