このページの本文へ移動

第3次行財政改革大綱が策定されました。

  •  
  • 印刷する

  本大綱は、平成27年度から平成31年度までの行財政改革の取組の方針を定めたものとなります。策定にあたっては、公募に応じた町民など9名の委員で構成する「行財政改革推進審議会」からの提言を取り入れています。
 この大綱は、人口構造の変化や町民ニーズの多様化により、行政に求められる役割が拡大している中、行政を取り巻く環境の変化に対応し、隠岐の島町総合振興計画に掲げたまちの将来像の実現に向けた諸施策を着実に実行していくために、町民、団体、企業等の多様な担い手と行政が一体となったまちづくりを進めるとともに、これまで以上に選択と集中を徹底し、一層効率的で効果的な行財政運営の推進を図ることを目的にしています。

 なお、本大綱の策定にあたり、5月25日から6月10日にかけて意見を募りましたところ、3名の方からご意見をいただきました。

つきましては、いただいたご意見の内容とこれに対する町の考え方を公表いたします。

今回寄せられましたご意見は、大綱策定の参考にさせていただいたほか、今後の取組に活かしてまいります。

ご意見ありがとうございました。

 

第3次隠岐の島町行財政改革大綱(367KB)(PDF文書)

大綱(案)に対する意見と町の考え方(189KB)(PDF文書)

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 総務課 行政係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005
MAIL:soumu@town.okinoshima.shimane.jp