このページの本文へ移動

特別児童扶養手当

  •  
  • 印刷する

内容

 20歳未満で精神又は身体に障がいを有する児童を家庭で監護、養育している父母等に支給されます。

受給資格

 障がい児の父母又は養育者が次表の障がい程度に該当する児童を監護、養育する場合に支給されます。

 ■1級

1.両眼の視力の和が0.04以下のもの
2.両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
3.両上肢の機能に著しい障がいを有するもの
4.両上肢のすべての指を欠くもの
5.両上肢のすべての指の機能に著しい障がいを有するもの
6.両下肢の機能に著しい障がいを有するもの
7.両下肢を足関節以上で欠くもの
8.体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障がいを有するもの
9.前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障がい又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
10.精神の障がいであって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
11.身体の機能の障がい若しくは病状又は精神の障がいが重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

 ■2級

1.両眼の視力の和が0.08以下のもの
2.両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
3.平衡機能に著しい障がいを有するもの
4.そしゃく機能を欠くもの
5.音声又は言語機能に著しい障がいを有するもの
6.両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
7.両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障がいを有するもの
8.一上肢の機能に著しい障がいを有するもの
9.一上肢のすべての指を欠くもの
10.一上肢のすべての指の機能に著しい障がいを有するもの
11.両下肢のすべての指を欠くもの
12.一下肢の機能に著しい障がいを有するもの
13.一下肢を足関節以上で欠くもの
14.体幹の機能に歩くことができない程度の障がいを有するもの
15.前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障がい又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
16.精神の障がいであって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
17.身体の機能の障がい若しくは病状又は精神の障がいが重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

 注!上記の障がいの程度に該当する場合でも、次の方は手当は支給されません。
 
(1)対象の児童が、施設等に入所している場合
 (2)対象の児童が、障がいを事由とする年金などを受けている場合

手当の額

 1級 月額 51,100円
 2級 月額 34,030円
 (平成27年4月から)(物価スライド等により改定されます)

手当の支払い

支払月 支払対象月
4月 12月、1月、2月、3月
8月 4月、5月、6月、7月
11月 8月、9月、10月、11月

支給制限

 本人、配偶者、扶養義務者の前年の所得が制限額以上であるときは、その年の8月から翌年7月分の手当は支給停止となります。
 ※本人の所得には、非課税の年金や恩給などもすべて含みます。

■所得制限限度額表

 扶養親族等の数 本人限度額 配偶者・扶養義務者限度額
収入額 所得額  収入額 所得額
0人 6,420,000円  4,596,000円  8,319,000円  6,287,000円 
1人  6,862,000円  4,976,000円  8,596,000円  6,536,000円 
2人  7,284,000円  5,356,000円  8,832,000円  6,749,000円 
3人  7,707,000円  5,736,000円  9,069,000円  6,962,000円 
4人  8,129,000円  6,116,000円  9,306,000円  7,175,000円 
5人 

 8,551,000円 

6,496,000円  9,542,000円  7,388,000円 

 ※収入額は限度額の所得のもとになる一年間の収入額の目安です。

申請に必要な書類

 (1)本人の戸籍謄本及び世帯全員の住民票
 (2)診断書
 (3)本人名義の通帳
 (4)その他必要書類


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 福祉課 地域福祉係
TEL:08512-2-8561
FAX:08512-2-6630
MAIL:fukushi@town.okinoshima.shimane.jp