このページの本文へ移動

町指定文化財(有形文化財)

  • 印刷する

【古文書】
佐々木家庄屋文書(ささきけしょうやもんじょ)

sasakikemonjo 佐々木家に伝わる257点の古文書が指定されています。佐々木家は江戸時代に釜地区の庄屋を務めた家柄で、近江源氏佐々木氏の末裔ともいわれる旧家です。最も古いものとしては慶長12年(1607)の「隠岐国嶋後内釜村検地帳」をはじめ、当時の隠岐の様子を詳細にまとめた「隠州視聴合記(1667)」など、幕末から明治にかけての隠岐を伺いを知る歴史資料が存在しています。

所在地 種 別 員 数 指定年月日
隠岐の島町 古文書 257点 1967.5.1

 

【彫刻】
木造随身半跏像(もくぞうずいしんはんかぞう)

 随身像は神社参道の左右の随神門に安置される像を指します。八王子神社に所蔵される2つの随身像で、材は檜、寄せ木造りになっています。製造年代は不詳ですが、素朴で地方的なおおらかさが漂っています。

所在地 種 別 寸 法 指定年月日
隠岐の島町 元屋 彫刻 像高60.6cm 1986.12.20

 

【建造物】
伊勢命神社(いせみことじんじゃ)

isemikotojinja 伊勢命神社は『延喜式』(延長5年(927))の神名帳に、隠岐国に4社ある名神大社の1社として記載があります。本殿は、久見村のほとんどを焼き尽くした天保9年(1838)の大火により焼失した後、天保12年(1841)に再建されたものです。建築様式は、隠岐独特の隠岐造で、身舎は茅葺の切妻造妻入で、それと連続しない片流れの向拝を持ち、平面プランも三間社とよばれるもので、同じ形式では、玉若酢命神社本殿、水若酢神社本殿に次ぐ大規模なものです。

名 称 建築年 構造形式 規 模 指定年月日
伊勢命神社本殿 天保12年(1841) 切妻造妻入、茅葺屋根 桁行5.27m、梁間4.33m 1995.4.21
伊勢命神社拝殿 明治8年(1875) 切妻造妻入 桁行6.78m、梁間5.00m 1995.4.21

 

【建造物】
白鳥神社本殿(しらとりじんじゃほんでん)

siratorijinja

 白鳥神社の現在の本殿には享和元年(1801)の棟札があり、そのほかの棟札や修理の痕跡などから享和年間(1801-1804)に本殿が建造されたと考えられています。もとは現在の今津港近くに位置していましたが、平成17年(2005)に現在の場所に移築されました。建築様式は、隠岐造の一間社で、同時代に建てられた玉若酢命神社本殿(寛政5年(1793))、水若酢神社本殿(寛政7年(1795))などの大規模な隠岐造の三間社と比較して小規模ながら、当時の隠岐造の流行の一端を知ることができる貴重な建築となっています。

 建築年 構造形式  規 模  指定年月日 
 享和年間(1801-1804)  切妻造妻入、茅葺屋根  桁行3.39m、梁間3.18m  2006.12.21

 

【建造物】
高田神社本殿及び拝殿(たかだじんじゃほんでんおよびはいでん)

takadajinja 高田神社本殿は、棟札により文化3年(1806)の建築とされ、建築様式は隠岐造の一間社です。拝殿は、改変されて現在は全て床が張られていますが、建築当初は中央に土間通路を設けその両側に床組部分を持つ、隠岐では珍しい割拝殿でした。境内に建つ若宮社は一間社見世棚造で、これらの三棟が周囲の地形とともに独特の景観を形成しています。

 

名 称 建築年 構造形式 規模 指定年月日
高田神社本殿 文化3年(1806) 切妻造妻入 桁行3.64m、梁間3.34m 2006.12.21
高田神社拝殿 元文2年(1737) 割り拝殿形式、入母家造 桁行11.95m、梁間5.13m 2006.12.21
若宮社 文化8年(1811) 一間社見世棚造、切妻造妻入   2006.12.21

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町教育委員会 生涯学習課 文化振興係
TEL:08512-2-2126
FAX:08512-2-0619
MAIL:kyouiku-syougaku@town.okinoshima.shimane.jp