このページの本文へ移動

パソコンリサイクル

  •  
  • 印刷する

1.パソコンのリサイクル制度

パソコンは、資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)により、メーカーによる回収・リサイクルが義務づけられています。使用済みパソコンは排出者により「事業系パソコン」「家庭系パソコン」とに分けられ、事業系パソコンについては平成13年4月から、家庭系パソコンについては平成15年10月から法律に基づいた回収・リサイクルが行われています。

<事業系パソコンとは> 企業や法人から排出されるパソコン
<家庭系パソコンとは> 個人や家庭から排出されるパソコン

2.対象となる機器(メーカーが回収するパソコンの範囲)

パソコンリサイクルでメーカーが回収するのは次のパソコン製品で購入時の標準添付品(マウス、キーボード、スピーカー、ケーブルなど)も一緒に回収されますが、スキャナーやプリンターといった周辺機器などは対象機器外です。

(1)対象機器【○】 デスクトップパソコン本体、ノートブックパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ一体型パソコン、液晶型ディスプレイ一体型パソコン
(2)対象外機器【×】 スキャナー、プリンター、ワープロ、PDA、ワークステーション/サーバ、ゲーム機、取扱説明書/マニュアル、CD‐ROMなどの記録メディア

*詳細については、パソコン3R推進センターのホームページ
http://www.pc3r.jp/home/equipment.html)をご覧下さい。

 

3.家庭系パソコン(個人や家庭から排出されるパソコン)の回収・リサイクルの流れ

家庭系パソコン(個人や家庭から排出されるパソコン)の回収・リサイクルの流れ(有限責任中間法人 パソコン3R推進センター参加企業の例)については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/recycle_flow.html)をご覧下さい。

 

4.家庭系パソコン(個人や家庭から排出されるパソコン)のリサイクル対象機器の廃棄方法

家庭系パソコン(個人や家庭から排出されるパソコン)を廃棄する場合は、パソコンのメーカーへ直接回収の申込みをします。 なお、各メーカーの受付窓口については各社のホームページや製品に梱包されているマニュアル等でご確認下さい。

 (参考)
・主な廃棄手順の詳細については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/method.html)をご覧下さい。
・主なメーカーの受付窓口については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/partner_list.html)をご覧下さい。

 

5.事業系パソコン(企業や法人から排出されるパソコン)のリサイクル対象機器の廃棄方法

事業系パソコン(企業や法人から排出されるパソコン)を廃棄する場合は、直接パソコンメーカーに問い合わせ、申込みをします。

(参考)
廃棄手順の詳細については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/office/index.html)をご覧下さい。
・主なメーカーの受付窓口については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/office/partner_list.html)をご覧下さい。

 

6.回収するメーカー等がないパソコンのリサイクル対象機器の廃棄方法

(1)回収するメーカー等がないパソコン
回収するメーカー等が存在しないパソコン(ディスプレイを含む)とは次のようなものです。

・ 自分で組み立てた、頼んで組み立ててもらった、又は知人が組み立てたものを譲り受けた「自作パソコン」。
・ 購入した製品のメーカーまたは輸入販売していた業者が既に倒産している、又は日本でのパソコン・ディスプレイの事業から撤退している。
・ 国内で事業活動していない海外メーカーの製品で、外国から個人的に持ち込んだ又は輸入した。

 (参考)  詳細については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/what_nomaker.html)をご覧下さい。

 (2)廃棄方法
  回収するメーカー等がないパソコンのリサイクル対象機器を廃棄する場合は、有限責任中間法人 パソコン3R推進センターへ回収の申込みをします。

上記(1)以外で回収するメーカー等が存在しないパソコン・ディスプレイと考えられる場合は事前に、有限責任中間法人 パソコン3R推進センター(TEL 03-5282-7685)でご確認の上、申し込んで下さい。

(参考) 廃棄手順の詳細については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/pc3rcenter.html)をご覧下さい。

 

7.費用負担

PCリサイクルマーク 平成15年10月以降に販売された家庭系パソコン(個人や家庭から排出されるパソコン)で、「PCリサイクルマーク」(右図)が貼付等されているパソコンについては、廃棄する際に新たな料金を負担することなく、廃棄できます。  「PCリサイクルマーク」のついていないパソコン(平成15年9月までに購入した製品)は、廃棄の際に「回収再資源化料金」を負担しなければなりません。

 

(参考)
・PCリサイクルマークについての詳細は、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/pcrecycle_mark.html)をご覧下さい。
・主なメーカーのPCリサイクルマーク表示製品については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/pcrecycle_mark_products.html)をご覧下さい。
・主なメーカーの回収再資源化料金の詳細については、パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/recycle_cost.html)をご覧下さい。

 

8.PCリサイクルQ&A

 

パソコン3R推進センターのホームページ(http://www.pc3r.jp/home/faq.html)をご覧下さい。

 

9.留意事項

 

パソコンリサイクルの対象機器については、本町の収集や直接搬入ができませんのでご注意下さい。
また、分解しても「不燃ごみ」として受け取ることはできません。 

 

10.資料集

法令の解説や概要説明、パンフレット等は、次のホームページでご覧になれます。

(1)経済産業省(資源有効利用促進法解説) (http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/index04.html
(2)環境省(資源有効利用促進法概要) (http://www.env.go.jp/recycle/recycling/recyclable/gaiyo.html
(3)パソコン3R推進センター(パンフレット等)
http://www.pc3r.jp/home/pdf.html

【お問い合わせ先】

1 お持ちのパソコンメーカー

パソコン3R推進センター(電話03-5282-7685 http://www.pc3r.jp/)

3 隠岐の島町環境課(電話08512-2-8565)

 


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 環境課
MAIL:kankyou@town.okinoshima.shimane.jp