このページの本文へ移動

2月22日は「竹島の日」

  •  
  • 印刷する

竹島は、わが国固有の領土で、隠岐の島町に所属します。しかし隣国の韓国に半世紀もの間、不法占asikazou拠されています。(詳しいことは、このホームページの「竹島について」をご覧ください)

 国は、外交交渉の場や外務省及び在韓国日本国大使館のホームページで竹島の領有権の主張を行い、平和的に粘り強くこの問題に取り組んでいます。

 島根県議会は、平成17年3月竹島に関する島根県告示100周年を機に、この島根県告示のあった日である、2月22日を「竹島の日」と定めました。

 これは、竹島の領土権確立のためには、国民世論の啓発が不可欠であり、国に「竹島の日」を制定するよう意見書を提出してきましたが、国では、制定の動きが見られませんでしたので、島根県議会で「竹島の日」を定めたのです。

 この「竹島の日」制定の趣旨は県民、市町村及び県が一体となって、竹島領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題について国民世論の啓発を図るものです。


このページに関するお問い合わせ
隠岐の島町役場 竹島対策室 竹島対策係
TEL:08512-2-2111
FAX:08512-2-6005